【baystars】三嶋一輝投手の轟音ストレート

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

三嶋のストレートは惚れ惚れします。

気迫

この言葉が最も似合う三嶋
気迫が球に乗り移ったかのような、轟音が聞こえそうなストレート

2020年シーズンは不調の山崎康晃に代わってクローザーを任され獅子奮迅の活躍でした。
全身からみなぎる闘志が球に伝わっているような球威
三嶋のストレート、大好きです。

<経歴>

福岡大大濠高校から法政大学を経て、2012年ドラフト会議で2巡目で指名された。
2013年から先発ローテーション入りを果たしオールスターゲームにも出場、6勝9敗でシーズンを終えます。
2014年は開幕投手を務めるが不振に陥り登録抹消を経て10月に初勝利。2015年も1軍2軍を行き来して5勝にとどまります。2016年も2軍からスタートしますが、一軍で徐々に先発から中継ぎに専念します。2017年からは中継ぎとして大事な場面で起用が増えてきます。ピンチで踏ん張れないなどメンタルの弱さを感じましたが、2019年からはストレートに磨きをかけ、安心できるようになって2020年のクローザーとしての大活躍につながります。

開幕投手を務めた年のことがトラウマだったのか、ここぞというときに弱気になって打たれるような感じの投手でしたが、今は安心して見ていられる投手に成長しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。