【旅】京都・大原の「実光院」庭に咲く10月桜と紅葉が雨の雫で美しい

にほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ

三千院を拝観する前に、「実光院」を訪れました。
大原にある実光院は、寂源上人が建立した天台宗魚山大原寺勝林院の子院です。その庭園は心字池を中心にした池泉観賞式の「契心園」と、散策することができる池泉廻遊式の「旧理覚院庭園」がとあります。

その庭園には、約120種の山野草が四季折々に花を咲かせます。特に十月中頃より咲き始め、翌年四月まで咲く不断桜(ふだんざくら)は必見です。十一月には紅葉と桜、冬になって雪が降れば、雪と桜が同時に楽しむことができます。



客殿の西側に広がる回遊式庭園(上写真)は旧理覚院の寺池で、実光院と統合後荒廃していたところ、以後の歴代住職が作庭整備して今日に至っています。庭園の中央に植えられた不断桜は、初秋から翌年春にかけて花を咲かせる珍しい品種です。錦秋の季節には、桜の花と紅葉が同時に楽しむことができます。

不断桜(ふだんざくら)です。背景に紅葉があり、雨のしずくに濡れる可憐な桜の写真が撮れました。

二方向が庭に面しています。とても贅沢な間客殿だなぁ~
天気の良いポカポカした日は一日中いても飽きないかも。

客殿の南側に広がる庭園(下写真)は、律川より水を引く心字の池を中心とした旧普賢院以来現存する池泉鑑賞式の「契心園」で江戸時代後期の作庭です。築山の松は鶴を、池の島は亀を表現しており、四季折々の表情を見せる自然の景色を、客殿から眺めることができます。

黄色の実ってめずらしくないですか? 赤や紫はよく見るのですが・・・とっても綺麗です。

にほんブログ村 旅行ブログへ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。