【旅】京都 悲恋の尼寺「祇王寺」

苔の庭の緑がとても美しい寺でした。その庭の奥にたたずむ草庵も不思議な静けさを放っています。来るまでなぜ祇王寺と呼ぶのか知りませんでした。

祇園寺は「平家物語」にも登場するお寺

平清盛の寵愛を受けた白拍子(演者)の祇王が清盛の心変わりで都を追われるように去り、母(母刀自)と妹(祇女)と共に出家して入ったお寺です。

明治初年に廃寺となりましたが、残された墓や仏像は大覚寺(だいかくじ)によって保管されていました。

明治28年に京都府知事が祇王の話を聞き、嵯峨にあった別荘を寄付し、それが今の祇王寺の建物です。

仏壇には、ご本尊の大日如来が祀られ、左右に、平清盛、祇王、祇女、母刀自、仏御前の木造(鎌倉末期の作)が安置されています。


奥の大きな窓を吉野窓といい、影が虹の色に見えるため、「虹の窓」とも言われています。

宝筺印塔は向かって左が祇王、祇女、母刀自の供養塔、右の五輪塔は平清盛の供養塔です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。