【旅】京都「あだし野念仏寺」

修学旅行で言った記憶があるお寺「あだし野念仏寺」に行きました。
35年位前、高校の修学旅行で言った記憶がありますが、それ以来の訪問です。この日、嵐山駅の周辺はかなり人で混雑していましたがこの辺りはまだ閑散としていました。

この地化野(あだしの)にお寺ができたのは約1200年前。弘法大師が野ざらしとなっていた遺骸を埋葬したと伝えらています。その後法然上人の常念仏道場となり、念仏寺と称するようになりました。本尊の阿弥陀仏坐像は湛慶の作で鎌倉彫刻の秀作とされています。

ここは何といっても、境内にまつる約八千体の石仏が有名ですが、このあたりに葬られた人々のお墓で、西院の河原と呼ばれます。

  • 入山拝観時間: 9:00~16:30
  • アクセス 京都駅から 京都バス 清滝行 鳥居本下車

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。