【baystars】 ラミレス監督、投手交代のタイミング考察

今日2020年10月4日の試合、大貫投手は完封ペース
7回で70球くらいの省エネピッチング
もう絶対完封・・・と思いきや

8回にソロホームランを打たれてしまいます。
ま、事故でしょう。そういうこともある。
次の打者(代打郡司)をセンターフライに打ち取ります。
大丈夫、大丈夫!

しかし、特にピンチでもないのに次の左の代打渡辺のところでエスコバーに交代します。

なんで? 左だから? 

納得いかないファンの声をよく聞きます。
なんで交代するだよ~
中継ぎ休ませろよ~
完投能力をつけさせろよ~

私は「あれ、交代なんだ」とは思いますが批判はありません。
何か理由があるからだと思うようにしています。
そして一番現場をわかっている監督(またはコーチや選手)の判断
最終判断は監督でその結果責任を持ちます。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ


セオリーや方針もあるでしょうが、現場にしかわからない何かがあるのかもしれません。調子、球威、投げさせたい投手。私にはわかりませんが、次に備えて大貫投手の負担を減らしたのかな・・・球威が落ちてきたのかな・・・
そろそろエスコバー投げさせないと調子崩すかな・・・

なんて想像したりします。
そういう想像するのも野球の楽しみ方でしょう。

でもまた、ファンに批判されちゃいそうなラミちゃん。

にほんブログ村 野球ブログへ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。