【旅】はじめての伊勢神宮

はじめて伊勢神宮に行ってきました。伊勢神宮は天照大御神(あまてらすおおみかみ)様を祀る神社です。天照大御神は天皇家の祖先とされています。

行き方もわからずGooglemapでみたら一番近い駅が五十鈴川という駅だったので乗り換え案内のソフトで検索して家を出ました。時間を合わせて再度検索して時間にあった特急券を予約して鳥羽行きの近鉄特急に乗り込みました。2時間位で着いちゃうんですね。

五十鈴川駅に到着して早速内宮に向かいました。外宮からお参りするというのは後から知りました。この時はひたすら内宮を目指しています。15分くらい歩くと神社登場。伊勢神宮の別宮とのことで参拝。鳥居から大きな木々の間を通るアプローチや建物の作りなど何か独特な雰囲気を感じました。

再び伊勢神宮を目指して歩いていたら、今度は猿田彦神社が登場します。そしてその敷地内には佐瑠女神社という芸能の神様を祀る神社もありました。

猿田彦神社は導きの神様で交通安全などに御利益があるようで、さるめ神社は芸能関係なので有名な芸人さんの名前が書かれたのぼりがいくつかありました。

ここから、参道のおはらい町通りを進めばいよいよ伊勢神宮です。そうです、なかなか辿り着けません。そして思いの外人が多い! =お店が混んでるかも・・・ 行列ができているお店もあり、早めに食べておいた方が良いとの判断でお店を探しました。

メインの参道に「おかげ横丁」という楽しそうなエリアがありました。その中にある「横丁そば」に少し空席があったので入りました。写真の通り生ハムのような焼豚がこれでもか!と入った「満開」を選択し私は焼豚をスープに沈めて温め、少し火が通った位にしていただきました。麺も自家製、スープも松阪牛の牛骨スープとこだわりがありとても美味しかったです。

さあ、いよいよ内宮へ! の前にお清めのお酒をと思って歩いていたらなんと立飲みコーナーがあり一杯いただきました。まろやかでキリッとしたお酒でいい酔い心地です。

ついに境内に辿り着きました。鳥居をくぐり五十鈴川を渡る橋を通って、素晴らしく手入れされた松を左右に見ながらしばらく歩くと河原に到着。綺麗に澄んだ五十鈴川の水で清め、またしばらく大きな木々の中を進んでいくとようやく正宮が見えてきました。石段からは撮影禁止です。とても厳かな雰囲気でお参りしました。お祈りするのはいつも健康のみ。そして日本人として生まれたことへの感謝です。

いくつかの別宮を参拝して戻りました。長くなったのでこの日の続きはまた違うブログで書こうと思います。

初めて訪れた伊勢神宮。参道は思った以上に賑やかで、食べ飲み歩きがとっても楽しいところでした。その賑やかさかが境内は一変し、木々の大きさや五十鈴川の清らかな流れがとても厳かで多くの人々を魅了するのだと感じました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。