【旅】中国・西安の「兵馬俑(へいばよう)」奇跡の歴史遺産

にほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ

西安に行きました。仕事仲間の中国人から誘っていただき実現した旅行ですが、ものすごいスケール・圧倒的な規模感でした。

兵馬俑

兵馬俑(へいばよう)は、古代中国で死者を埋葬する際に副葬された俑(よう)のうち、兵士及び馬をかたどったものを指します。西安の秦始皇帝陵から出土されたものは狭義の兵馬俑と呼びます。

一体一体で顔が異なる石像がぎっしり。まだ発掘しきれていない像もたくさんありました。

発掘の経緯

1974年西揚村の住民6人が村の南に井戸を掘ろうとして土を掘っていた際そのうちのひとりによって兵馬俑の最初の破片が発見されました。最初、鍬で土を掘り返していたところ、何か硬いものに当たり、何気なく掘り返していると人間大の人形が出てきたといいます。

当初、この発見の価値は理解されず報告を受けた役人も上級部門への報告をしませんでした。2カ月後、新華社通信の記者が県文化館に立ち寄り、陶俑が秦代の俑であることを見抜いた。記事が中国共産党の内部報に掲載され、指導部の目に止まった。そこから遺跡の保護が命じられ、陝西省が考古隊を編成して現地発掘を開始した。1年間の発掘で、東西200メートル以上南北60メートル以上におよぶ兵馬俑坑1号坑の全容が明らかとなった。

発見された俑は6000体。1975年新華社通信が秦始皇帝陵兵馬俑坑の発見を報じると、世界的な大ニュースとなりました。その後周辺に次々と同様の坑が発見され全体像がだんだんわかってきたそうです。

少し近くに寄ってみたところ。石像の個性がよくわかります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。